FC2ブログ
ももごんの部屋
バーニーズのもも&くるみ、G・ピレニーズの小梅&のん&いちご、うさぎの茶々丸&ねねとの毎日。ときどき合唱ネタ、仕事ネタ、雑談も。 

カレンダー

02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

「ももごんの部屋」はリンクフリーですが、ご一報いただけると嬉しいです♪ ブログ内の画像については転載禁止とします。もし使用したい場合は、下のメールフォームよりご一報ください。

Instagram

バニブログ


きょうの子牛?

バーニーズのジルくん日記

三毛犬との生活

オリーブとイブとマティーの☆ぐうたらライフ☆

I LOVE ALEX&OCEAN

バーニーズ物語☆エリン舎

Hisano's Blog

ぼくとモンブランと・・・

息子と犬の成長日記

カオごろうとゆかいな仲間たち

ボストンテリアのボス☆とソラ♪+仔バニはなちょん

お気楽バーニーズ・メイちゃんの部屋


ワンコ関係ブログ&HP


てぃふぁっしゅ★らいふ

ドッグラン グリーンリーフ(ブログ)

ドッグラン グリーンリーフ(HP)

パナパナ

クリオママの徒然日記

毎日飼育当番

Kick と run run run

ナギ☆blo!

エリン舎

It's a Dog's Life

BWP ビッグワンパーティ公式サイト


ももママのお友達&趣味&仕事関係


古橋理税理士事務所

社会保険労務士 大石事務所

浜松合唱団

よりみち的日常

ムムみたいにのんびりしたい♪

冨田ピアノ

わたしの~おバカの~前で♪

Lakeside Melodies

A CAPPELLA SQUARE

Hamamatsu Life (Todd's Blog)

Chris Kevan's Blog

義胡府国風土記

ハーモ日記

和紙タオル屋さんの工場見学ブログ

HAMAMATSU Camber choir

極真 石黒康之のブログ


その他リンク

タグ

 

ももママへのメール

ご意見、ご質問、メッセージ等、お気軽にどうぞ~♪

名前:
メール:
件名:
本文:

返信がない場合は、メールアドレスの誤入力と思われます。お手数ですが、もう一度ご確認の上、再送して下さいますよう、お願いいたします。

Profile

ももママ

Author:ももママ
所在地:静岡県
勤務:某税理士事務所
血液型:B型
星座:しし座
趣味:合唱、エレクトーン、ドラム、空手、パズル、犬と遊ぶこと、その他いろいろ。

この似顔絵は似顔絵アバターメーカーで作成しました♪

Profile

Plo-momo.jpg

もも(バーニーズマウンテンドッグ)
性別:♂
生年月日:2002年10月18日
バーニーズとは思えないほど超ハイパー。新参者にはデカイ顔するくせに、雷と花火が大嫌いな小心者。
2011年5月12日 虹の橋へ。
8歳7ヶ月。

Profile

plo-kurumi.jpg

くるみ(バーニーズマウンテンドッグ)
性別:♀
生年月日:2005年4月26日
超マイペースで天然ボケ。天真爛漫だけど、意外と頑固な一面も。寝るときは、常にへそ天。
2014年2月22日 虹の橋へ。
8歳10ヶ月。


Plofile

plo-koume.jpg

小梅(グレートピレニーズ)
性別:♂
生年月日:2011年5月11日
普段は穏やかで落ち着いてるけど、スイッチが入ると急にハイパーに。バスが大の苦手で、散歩中にバスを見かけると喧嘩を売る。お調子者で、かまってちゃん。


Plofile



のん(グレートピレニーズ)
性別:♀
生年月日:2014年3月10日
超おてんば娘。食欲全開、遊びも全開。家中のモノを破壊しまくってるけど、トイレの覚えの早さはナンバー1


Plofile

plo-ichigo.jpg

いちご(グレートピレニーズ)
性別:♀
生年月日:2013年3月12日
3歳半で、我が家の仲間入り。ちょっとビビりだけど、家の中ではのんと一緒に暴れてる。花火、雷が苦手。


Profile



茶々丸(ネザーランド)
性別:♂
生年月日:2004年4月??日
里親募集していたところを引き取った。家の中で一番大人しいが、バニ顔負けの破壊王ぶり。
2013年8月17日 虹の橋へ。
9歳4ヶ月。

Profile



ねね(雑種)
性別:♀
生年月日:2007年6月12日
里親募集していたところを引き取った。子ウサギにしてこのデカさは、将来有望か!? いたずら盛りで、徐々に色んなモノが破壊されつつ・・・。


カテゴリー

アクセスカウンタ

月別アーカイブ(タブ)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

フリーエリア

順調に回復してます
多くの皆さんにご心配いただきましたが、ずいぶんと良くなってきました。
本当にありがとうございます。

先日、一般病棟に移り、リハビリも順調で病棟のフロアを歩いたり、かなり回復してきました。
今日は点滴も外れて、だいぶ自由になったようです。

元気になってくると、今度は退屈らしく・・・
要求も多くなってきました^^;

着替えとかは仕方ないけど
音楽聞くのが好きなので、ポータブルのCDプレーヤーとCD数枚を持って行ったのですが・・・

このVan MorrisonのCDを持ってこいと

5551_20180320204019996.jpg

これ、ゾウリムシにしか見えないんですけど

しかも、CDラックの左か右くらいって、どっちだよ!?


ホンモノはこれですね・・・。絵心ゼロです。

5553_20180320205302ab8.jpg


結局どこにあるか分からず
退院したら好きなだけ聴いてくれ。

でも、これだけ元気になってくれて本当に良かった。


小梅たちにも、ここしばらく寂しい思いをさせてしまいましたが、元気にしています。

5552_20180320204021d12.jpg

ダンナがこんなことになってしまって、小梅たちどこかに預けようかとか、色々考えましたが・・・
この子たちは、たぶんこの家にいるのが落ち着くと思うし、のんは去年入院して依頼、ちょっと不安定になってるとこもあり、いちごもやっとこの家に馴染んできたので、ここでまた他へ預けてしまうとてんかん発作の心配もあったので、ちょっと可哀想かもとは思ったけど、家にいさせることにしました。

やっと私も仕事が落ち着いたので、構ってあげられるようになりました。


退院予定はまだ分かりませんが、そう遠くないと思います。

今日は、管理栄養士さんから食事指導がありました。
これからは、塩分を控えた食事を考えなければいませんが、そう難しく考えずに、できる範囲でやれば大丈夫ですとのことでした。
ラーメンのスープ、飲み干す人だからね・・・
これからは、ちゃんと監視します。



Check
【2018/03/20】 | その他 | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
意識回復後
今回のことでは、色んなことが幸いしてダンナの命が助かったと思います。

いつもならとっくに寝ていた時間に、私が起きていたこと。
爆睡していたら朝まで気づかなかったかもしれない。
もっと遅くまでテレビを見ていて、ダンナが苦しんでいることに気づかなかったら、手遅れになっていたかもしれない。
家の中で倒れたので、すぐに救急車を呼んだこと。
私が心臓マッサージやAEDの講習を受けたことがあり、パニックにならずに冷静に対処できたこと。

ダンナに言わせると、きっとこれも「神様のお導き」なのかもしれません。


意識が戻った3月5日。

丸一週間も眠っていたし、心肺停止状態で脳が低酸素状態にあったため、少なからずダメージはあるようで、それがどのくらいなのかは、時間が経ってみないと何とも言えないとのことでした。

目が覚めた日は、本当に訳の分からないことばかり言って、会話が全くかみ合いません。

一週間眠っている間に、たぶん色んな夢を見たんだと思います。

やたら裁判の話をしたり

結婚式に出席して、オシッコしちゃった・・・とか(笑)

昔勤めていた会社の名前がやたらと出てきて、「Tさんには連絡した!?」と言ったり。

そりゃ、混乱もするよね。

記憶が途切れないようにと、「○月○日、何時何分」と何度もつぶやいていました。
怖かったんだろうと思います。

そんなトンチンカンな会話が数日続き、一番症状がひどかったのが8日の木曜日。

仕事を終えて病院へ行くと、ベッドが血だらけになっていました。
え、何があった!?

看護師さんに話を聞くと、自分でベッドを降りようとして転んだり、何度も点滴を抜いてしまったりしたようでした。

自分がどこにいるのかも分からず
オレ、捕まっちゃった。こんなとこにいる場合じゃないだけど。
ピアノ弾かなきゃ。ビートルズも聴かなきゃ。

・・・そんなことを口走って、画鋲を口に入れてしまったり
危ないので両手を拘束されていたのですが、そのバンドを外そうとしたりしていました。

高次機能障害といって、脳が低酸素状態にあったために起こる症状で、社会の基本的なルールが分からなかったり、危険回避ができなくなるそうです。

命が助かったのはいいけど、こんな状態がずっと続いたらどうしよう・・・と、また不安が押し寄せてきました。

でも、それも一過性のもので、翌日には点滴を外すこともなく、日が経つにつれて徐々に記憶も整理されてきたようで、数日後には普通に会話もできるようになってきました。

時々、夢と現実がごっちゃになるようで、少しトンチンカンなことを言ったりもしてましたが、もう大丈夫だと思います。

よりによって、私の仕事が一番ピークのときにこんなことになってしまって、仕事とワンコたちの散歩と病院往復で、毎日クタクタでした。
こんな時期じゃなければ、仕事も休めたんだけどね・・・。

でも、本当に助かって良かった。

普段の何気ない生活が、どんなにありがたいことか。

身をもって感じました。

元々、心臓に病気があったわけでもなく、血圧も正常値だし、家系にも心臓の病気で亡くなった人はいませんでした。
芸能人が心筋梗塞や心不全で亡くなるニュースも多く、怖いね・・・と話していたのがついこの間。
まさか、自分の身に降りかかるなんて、夢にも思いませんでした。


そして今日、入院してから丸3週間。
一般病棟に移ることができました!

まだ点滴はしていて、足のむくみもひどいですが、ちゃんと歩けるしトイレも自分で行けるようになりました。
友人が何人かお見舞いに来てくれたのですが、その回復ぶりに驚いていました。

まだ退院日はハッキリしてなくて、退院してもしばらくは自宅療養になるだろうし、社会復帰にはまだしばらく時間がかかると思いますが、慌てず焦らず、ゆっくり治してもらえたら良いかなと思います。

こんなことになってしまって、みなさんに心配していただき、お散歩手伝うよ!とか、できることあったら何でも言ってね!と本当にたくさんの方に声を掛けていただいてとても嬉しかったです。

妹夫婦や両親が、小梅たちの散歩に行ってくれたりしました。
家族や友達の存在が、本当にありがたいと思いました。

今日も、生きていることに感謝です。


長々と書いてしまいました。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


Check
【2018/03/17】 | その他 | トラックバック(-) | コメント(4) | page top↑
人生で一番長い一日
ようやく確定申告から解放されました!
今年の確定申告は、スタッフも少なかったため、いつも以上に大変でした
その上、我が家にとても大変なことが起きてしまいました。

書こうかどうしようか迷いましたが、少しでも何か伝えられることがあるかもしれないと思ったのと、自分自身の記録として、記事にすることにしました。

始めに・・・
もう順調に回復していますので、どうぞご心配されませんよう。

確定申告のピークを迎えようとしていた2月下旬。
24日は平昌オリンピックも佳境を迎えて、いつもならとっくに寝ている時間だけど遅くまで起きてテレビを見ていました。
日付が変わって25日の午前1時。
ベッドに入ったころ、ダンナが急に胸が苦しいと言って起きだしました。

様子がおかしかったので、夜間救急行く? すぐに着替えるからちょっと待ってて!と言いました。
自力で階段を下りたのですが、私が着替えている間に意識を失って階段の下で倒れました。

すぐに救急車を呼び、救急車が到着するまで心臓マッサージをしていてくださいと言われ、もう無我夢中でした。
たぶん、呼吸もしてなくて、心臓マッサージをしていると時々「ゴフッ!」っと息をしたような感じになっていました。
10分も経たないうちに救急隊が来て、すぐに病院へ運ばれました。

急性心筋梗塞。

1分、1秒を争います。すぐにカテーテル治療を行うので、同意書にサインしてくださいと言われ、何が何だか分からず、言われるがままに書類にサインしました。

ここで待っていていくださいと、廊下の椅子に案内されました。

夜中の、誰もいない病院の廊下。

一人きりで、不安で押しつぶされそうで
祈るしかありませんでした。

午前5時くらい?
やっと手術室の扉が開いて、あまりにもたくさんの管に繋がれたダンナが運ばれてきました。

先生から説明を受け、小梅たちも部屋に閉じ込めてきてしまったのでそっちも気がかりだったし
とりあえず一旦帰宅したのが午前6時ごろでした。

小梅たち、散歩行かなきゃ。

あと、私、何をすればいいんだろう?

正直、その日のことはあまり覚えていません。
とりあえず、家族にはすぐ連絡しました。
一睡もしてなくて眠いはずなのに、全然眠れなかったことだけは覚えています。

翌日の月曜日、入院手続きのため朝イチで病院へ。

時間は短かったにしろ、一度は心肺停止状態にあったため、脳へのダメージを極力最小限に抑えるため、低体温状態を保ち、3日目くらいから徐々に体温を上げ、麻酔を覚ましていくとのことでした。
ドラマで見るような、体中が管だらけのダンナの姿。
毎日、祈ることしかできません。

27日、午前中に病院から電話があり、血圧が下がってきているので追加処置を行うための同意書にサインが欲しいとのことでした。
幸い、血圧を上げる点滴で何とか持ち直しました。

麻酔の量も少しずつ減らし、鎮静剤は効いていたようですが、3月1日、こちらの呼びかけに少し反応するようになりました。
大きな声で呼びかけると、目を薄く開けたり、首を動かしたりしていました。

この状態で4日間。

そして3月5日、丸一週間眠り続け、ようやく目を覚ましました。

本当に、本当に良かった。

すぐに気づいて救急車を呼べたこと、少しでも心臓マッサージをしたことが幸いでした。

心臓は、本当に1分1秒を争います。

最初は意識があったので、もしそのまま自分の車で病院へ行っていたら、手遅れになっていたかもしれません。
救急車を呼べば、AEDや人工呼吸器もあるので、何かあっても処置してもらえます。

胸が苦しいとか、呼吸がおかしかったり異変を感じたら、意識があったとしてもすぐに救急車を呼んでください。


ようやく意識は戻りましたが、心配停止で低酸素脳状態があったため、脳へのダメージが心配されました。


続きは、また後日。


(冒頭にもかきましたが、今はかなり回復してますので、どうぞどうぞ、ご心配なく・・・)


Check
【2018/03/16】 | その他 | トラックバック(-) | コメント(2) | page top↑

copyright 2005-2007 ももごんの部屋 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.